toggle
2019-06-30

卒寿で亡くなった親族のお供えで飾るプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーのお供え

お客様から90歳で亡くなられた従兄弟の義母さまのお供えは「生花とプリザーブドフラワーとどちらにしたらよいか」とご相談を受けました。

生花が1番!と普段の私は迷わず答えるところですが、この毎日のジメジメした天気や生活などのさまざまな事情を考慮してプリザーブドフラワーをお勧めしましたところ 「3年前に亡くなられた父親の遺影と母の遺影の間に飾るお花は、近くにコンピューターがあるのでプリザーブドフラワーを探さなくては、と思っていたところなのでとても嬉しい」とちょうど電話があったそうです。

受け取られる方にも送られた方、双方に喜んで頂き、とても嬉しいです。

ズーフラの商品やワークショップなどのお申し込みお問い合わせはinfo@z-flowerdesign.comをご利用ください。

Z-Flower Design+
森本 泉 ( Izumi Morimoto )
西東京 ひばりヶ丘 大泉学園 練馬
West Side Tokyo Hibarigaoka, Japan

タグ: ,
関連記事