toggle

Artificial Flower

アーティフィシャルフラワーは生花では難しかったところをアレンジできます

造花というとひと昔前は、チープなイメージでした。 しかし、最近では本物の花より本物らしいというクオリティの高さに驚きます。 生花を飾れない場所や環境の花として最適です。

メリットとデメリット

メリット

  1. 造花なので耐久性に優れ、室内の湿度や換気、外の太陽や雨風の影響を受けにくい
  2. 生花やプリザーブドフラワーと比べて配送に強い
  3. 水や栄養剤がいらない
  4. 品質が高く、種類も豊富になってきたことでアレンジのジャンルも多くなってきた
  5. オフィス、店、イベントなどの装飾などの用途で多く活用できる

デメリット

  1. 生花と異なり鮮度や香りなどを楽しむことはできない
  2. メンテナンスを怠ると埃や汚れなどはつく
  3. 耐久性はあるものの半永久的に品質を保つことはできない

導入事例

カフェ、美容院、フォトスタジオ、ブライダル、雑貨店、デザイン会社、オフィス、専門病院、個人宅など

様々なジャンルのお客様のディスプレイデザインとしてご提供させていただいています。

商品に関するご相談やご注文などはContactよりお気軽にお問合わせください。

Z-Flower Design+
森本 泉 ( Izumi Morimoto )
西東京 ひばりヶ丘 大泉学園 練馬
West Side Tokyo Hibarigaoka, Japan