toggle
2017-03-08

お悔みの気持ちを花で送る | 西東京 ひばりヶ丘 大泉学園 練馬

お悔みの気持ちを花で

なんというか花で少しでも気持ちが癒されますようにと、あたりまえすぎるんですが。
そんな風に思いを込めて花束やアレンジメントを作ります。

様々な用途で、花のオーダーを頂きますが、お悔みのお花(枕花、供花)もその1つ。

私は、いかにも供花ではなくて、なるべくその季節の花を使いたい。春ならコデマリやラナンキュラス、スイートピーなど。
というのも、その花を見ると故人を想い出すこともあるかな、と思うからです。
それから、白も少しずつニュアンスの違いのある白を組合せ、グリーンも混ぜてナチュラルに。
こちらは淡いピンクを入れましたが、このように優しい色を足すこともあります。

そして、お母様を亡くされたご友人へのお届けでしたから、丸い形の花で柔らかく。
スッとしたラインの花よりも丸い方が、お母さんのイメージがした。

花が届いたときに、心が“すっと”軽くなったり柔らかくなったりしていただければ。

ズーフラの商品やワークショップなどのお申し込みお問い合わせはContactをご利用ください。

Z-Flower Design+
森本 泉 ( Izumi Morimoto )
西東京 ひばりヶ丘 West Side Tokyo Hibarigaoka, Japan

Instagram
Pinterest
Facebook
tumblr
Google+
http://z-flowerdesign.com/2017/03/08/sympathy-flowerarrangement-2017/
YouTube
Follow by Email
関連記事