toggle
2016-10-21

逝去された方のイメージに合わせた葬花のデザインとアレンジのオーダー | 西東京 ひばりヶ丘 大泉学園 練馬

z-flower-design_%e7%a5%ad%e5%a3%87%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%82%92%e8%8a%b1%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e9%a3%be%e3%82%89%e3%82%8b%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc_2016

葬儀の花のアレンジ

葬儀によくある供花。
祭壇の両脇に飾られる名札付きのあれはあれで日本の葬儀のスタイルかとも思う。
1つの様式美とも思う。

けれど、そのスタイルがNG。
お葬儀っぽくなくという声もあるのです。

ヒマワリがお好きだった故人さまへ

ご家族は故人さまが「生前に好きな花で最後を送って欲しい」という気持ちを聞いていたそうです。
そこで故人さまが大好きだった花と色で思う存分アレンジをして欲しいというオーダーを頂きました。

今回ご家族の葬儀の思いをコンセプトにしてみると、「葬式の湿っぽさがなく、故人さまを明るく送る」というものです。
夏生まれの故人さまは特にヒマワリが大好きで、上を向いているヒマワリは “ 家族が下を向くのではなく上を向いて生きていく姿にぴったり ” と喜ばれました。
デザインは完全にお任せで、祭壇のサイドを花いっぱい飾らせていただきました。

型をつくるのもデザインの1つ

葬儀に対する価値観やイメージも、従来のものから若干変化してきたように伺えました。
伝統と形式を尊重しつつも、失った家族をおもう気持ちを素直に表現していることです。
これまで生きてきた証を花で表現できる可能性も学んだオーダーでした。

商品に関するご相談やご注文などはContactよりお気軽にお問合わせください。

Z-Flower Design+
森本 泉 ( Izumi Morimoto )
西東京 ひばりヶ丘 West Side Tokyo Hibarigaoka, Japan

Instagram
Pinterest
Facebook
tumblr
Google+
http://z-flowerdesign.com/2016/10/21/funeral-flower-order-hibarigaoka-2016/
YouTube
Follow by Email
関連記事